インビザライン ーマウスピース矯正

治療中も笑顔に。目立たず、取り外し可能なマウスピースを用いた矯正方法。

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、画期的な矯正方法です。

 


一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

マウスピース矯正のメリット

1.目立たない

薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。

2.取り外しが可能

他の矯正装置とは違い、患者さんご自身の手で取り外しができることが大きな特徴のひとつ。マウスピース矯正は、食事の時には取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。毎日の食事を楽しみたい方におすすめの矯正治療法です。

3.金属を使わない

医療用プラスチック製の装置なので金属は一切使用しません。金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけます。また、装置によって口内に傷がついたり、口内炎ができたりしないので、違和感が少なく、不快感が大幅に軽減されます。

マウスピース矯正の流れ

1. カウンセリング

患者さんの歯並びのお悩みや治療に関する疑問を歯科医師がヒアリングします。そして、歯科医師からマウスピース矯正の治療内容やメリット・デメリットなどの説明を受けます。
疑問や不安があれば、どんな小さなことでも質問してください。治療前の不安が解消されないまま治療が進むと、後々トラブルにつながることもあります。

2. 精密検査

マウスピース矯正による治療を希望される場合は、精密検査に進みます。
精密検査では、口腔内検査のほかにレントゲン撮影、顔や口の中の写真撮影を行います。
そして、矯正装置(アライナー)を作るために歯の型採りをします。

3. 治療計画のご説明

精密検査の結果をもとに歯科医師が治療計画を立て、患者さんにその内容と治療期間、費用についてご説明をします。
こちらも、納得がいくまで説明をしてもらうことが大切です。
患者さんが治療計画と費用についてしっかり納得したら、治療がスタートします。

4. 矯正治療スタート

患者さん専用に作製された矯正装置(アライナー)を装着します。
取り外しが可能なアライナーの着脱方法やお手入れ方法、注意事項などを歯科医師が患者さんに説明します。アライナーは、装置の種類によって違いますが、1日に装着する時間が決まっています。指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。

注意点

アライナーを装着し忘れたり装着時間が短かったりすると、計画通りに治療が進まず、治療期間が延びてしまうことがあります。より良い治療結果のためには、患者さんご自身できちんと管理することがとても大切です。

5. 治療終了。保定期間へ

歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

※ほっぺた、唇、舌などに口内炎や傷ができることがあります。